自営業の経営のやり方

個人事業主としての自営業の始め方

自営業を始めたいと思ったら誰でも簡単に始めることが可能です。
法人であれば会社設立に時間とお金がかかってしまいますが、個人事業主はすぐに開始することが可能です。
自営業を始めるにあたり何をすればいいのでしょうか。

個人で自営業をする場合、まず税務署へ「個人事業の開廃業届出書」という書類を提出します。
その時に「青色申告承認申請書」という書類も一緒に提出します。
青色申告承認申請書には確定申告の時に白色申告に比べ、様々な税制の優遇が受けられます。

税務署へ届を提出した後は、個人事業主として自営業をすることができます。
厳密には届を出さなくても自営業を行うことは可能ですが、白色申告での確定申告となります。
青色申告でするためには「個人事業の開廃業届出書」の提出が必要となります。

個人事業主・自営業のやり方

自営業といっても様々な業種や職種があります。
日々売上を伸ばすための活動を行いますが、それとは別にお金の管理、帳簿の記録などが必要となります。

毎年2/16~3/15まで確定申告の期間で、1年間の売上や経費などを計算して、最終的に支払う税金の計算と申告が必要です。
そのため確定申告に必要な書類を保管しておいたり、1年間で得た利益や使った経費などの明細が必要です。

個人の自営業者が注意すべきポイントは、仕事に使った経費とプライベートで使ったお金をきっちり分けておく必要があるということです。
個人事業主は売上から自由にお金をプライベート用に使うことができますが、それは経費にはなりません。
仕事で使ったお金だけが経費として認められます。