自営業が軌道にのるには平均どれくらい時間がかかるか?

基本的に軌道に乗るまで5年はかかると覚悟したほうが良い

自営業とは、会社を設立するには様々な作業が必要であるのに対し、税務署に開業届けを提出すれば簡単に誰でも始めることが出来ます。ただし、それまでに勤めていた業界との強いコネでもない限り、0からのスタートになるため基本的にはそんなに簡単に成功することはできません。例えば、何もノウハウがない分野にて事業を始めた場合は、やはり色々と失敗をしながら少しずつノウハウを積み上げていくという過程が必要不可欠になりますので数年の低迷期がどうしても続きます。そして、少しずつ事業が伸び始めてからも数年間は収入が不安定な時期が続くと考えると軌道に乗るまで5年くらいは時間がかかるものだと覚悟しておいた方が無難です。そして、その最初の低迷期に備え、十分な生活資金を貯めてから開業することが重要になります。

早く軌道に乗せたいなら前職に近い分野で起業する

自営業が軌道に乗るまでには基本的には相当な時間がかかるものですが、軌道に乗るまでの時間を短縮する方法もわずかながら存在します。例えば、前職と近い分野で起業した場合に関しては、以前から付き合いがある人に仕事をもらったりできる可能性がありますし、困った時に色々と助けてもらえる可能性があります。そして、前の職場にて色々な失敗と成功を繰り替えて業務に関するノウハウが蓄積されている場合は、ノウハウを積み上げる時間を丸ごと省くこともできます。また、新しいことを何か始めようとした時も、業界内で既に知られた存在である場合は成功の確率も高まるので、早く軌道に乗せたいならばノウハウもコネもある分野で起業するのが一番と言えます。